腋臭 原因

わきが(ワキガ・腋臭)について正しく知ろう

ワキガについて説明する医者

わきが(ワキガ・腋臭)は、正式には腋臭症(えきしゅうしょう)と言います。腋の下から出る鼻につく臭いが特徴的です。体質的なものとされています。

 

欧米では約7割が「わきが体質」で、あまり気にされていないのに対し、日本では人口の約1割。その少なさゆえに問題視されるようです。

 

わきが(ワキガ・腋臭)は、通常の汗の臭いとは別物です。
最も大きな違いは、“臭いを予防できるかどうか” という点です。
汗の臭いなら、入浴してきれいに洗い流せば解消します。
しかし、ワキガは身体を清潔に保つことで、ある程度は軽減できますが、根本的な解決にはなりません。

 

しかも、正しい知識が一般にほとんど知られていないので、「ワキガは不潔が原因」と誤解している人が多いのです。臭いの問題ですから、誰かに相談するのも躊躇しますよね。

 

そこで、ワキガについて正しい知識を身につけることから始めましょう。


ワキガ臭の原因

エクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺の説明

ワキガ(わきが)臭の原因は何なのでしょうか?

 

ワキガは、3つの汗腺類(アポクリン汗腺・エクリン汗腺の2種類の汗腺と皮脂腺)からの分泌物が皮膚常在菌によって分解されて発生する臭いなのです。

 

いわゆる「汗臭さ」は、エクリン汗腺からの汗の分泌により皮膚常在菌が増殖するために発生するのですが汗臭さの原因ワキガはアポクリン汗腺からの汗の分泌が主な原因です。

 

そのため、いわゆる汗臭さとは違った特有の臭いを発するのです。また、ワキガは、アポクリン汗腺の数や分泌量が多い、特定の人にしか発生しません

 

ワキガに関係する3つの汗腺類

3つの汗腺類のそれぞれについては、別のページで詳しく説明しますが、簡単に見ておきましょう。
ワキガは、これら3つの汗腺類が関係しあって起こります。

エクリン汗腺

アポクリン汗腺

皮脂腺

  • 全身に分布。
  • 皮膚表面から比較的浅い部分にあり、皮膚表面に開口。
  • ここから分泌される汗は、成分の99%は水分で、わずかに塩分を含み、汗自体は無色・無臭で、サラリとしているのが特徴。
  • ワキや陰部など特定の部位に存在。
  • エクリン汗腺より深いところにあり、毛穴に開口。
  • ここから分泌される汗は、脂肪、タンパク質などの成分を含み、乳白色で、少し粘り気があるのが特徴。
  • 毛穴に開口して脂肪分を分泌する器官。
  • 分泌された脂肪は、エクリン汗と混ざり合い、皮膚表面に薄い膜をつくり、肌を保護。

    エクリン汗腺とは?         アポクリン汗腺とは?        皮脂腺とは?

 

ワキガ臭発生のメカニズム

ワキガは、これら3つの汗腺類が関係しますが、中心はアポクリン汗腺です。
本来、アポクリン汗にも臭いはありませんが、それに含まれる脂肪やタンパク質が皮膚表面の常在菌によって分解されると、強い腐敗臭を発します。

これに皮脂腺から分泌される皮脂が加わり、さらにニオイが強まります。

そして、この「臭いの元」がエクリン汗によって、ワキ全体に広げられ、ワキ毛と絡まることでニオイが発散されます。これがワキガ臭の正体です。汗腺類からの分泌物と皮膚表面の常在菌――これらがそろって初めてワキガ臭を発するのです。

 

エクリン汗腺・アポクリン汗腺・皮脂腺の数、密度、活動の度合い、そしてアポクリン汗の成分、皮膚常在菌の種類・数には個人差があります。そのため体臭は人それぞれに違うのです。

 

ワキガ(わきが)臭の強い人は、アポクリン汗腺が多い体質の人と考えれば分かりやすいかもしれません。ワキガ(わきが)を根本的に直すには、アポクリン汗腺を除去する必要があるのです。

次は、自分でできるワキガ(わきが)ケアについてご紹介します。

 

次のページへ >>

 

自分でできるワキガ(わきが)ケア

ワキガの治療法


TOP 汗のニオイ対策 加齢臭対策 疲労臭対策 わきが対策 多汗症対策 ミドル脂臭